生物多様性行動指針

■基本理念

豊かな生態系や自然環境は、生物多様性によって維持されている。私たちはその恩恵によって命をつないでおり、生物多様性の保全と持続可能な利用は人類の生存に関わる重要事項である。

東亜建設工業はこれまでたくさんの社会基盤の整備に携わってきた。さまざまな仕事との出会いのなかで地球の息吹にふれ、自然の恵みやそれを支える多様な生物の営みのすばらしさを実感してきた。これらの経験とこれまで磨いてきた知恵と技術を調和させ、生物多様性の恩恵を受ける一員として、東亜建設工業は未来にこの恵みを伝えていく。

■行動指針

  • 1.事業活動における姿勢

    事業活動に伴う生物多様性への影響に十分配慮し、その保全と持続可能な利用を目指した取り組みを推進する。

  • 2.コンプライアンス

    生物多様性に関わる法令等を遵守し、企業の社会的責任を果たす。

  • 3.教育

    生物多様性に関する情報を共有し、社員一人ひとりの生物多様性に対する意識の向上を図る。

  • 4.研究開発

    これまでの生物多様性にかかわる研究開発を活かし、今後一層、技術力の向上に努める。

  • 5.情報開示

    生物多様性にかかわる活動の情報を広く社会に発信し、共有する。

2010年7月5日 制定

代表取締役社長 秋山 優樹