ページの先頭です。

パンくずナビ

魚介類の「ゆりかご」となる藻場・浅場・干潟を造成し、豊かな海域を創造する

カルシア改質土

Method of Calcia stabirized soil (Stabilized by grained converter slag)

概要

カルシア改質土は、港湾等の粘土・シルト分の多い軟弱な浚渫土砂にカルシア改質材を混合したものです。濁り抑制、強度付与による土砂性状の改質を行い、藻場・浅場・干潟造成、窪地の埋戻し等に利用します。また、カルシア改質材に含まれるカルシウム分の作用により、浚渫土に含まれるリン酸や硫化物の発生抑制効果が確認され、水質改善も期待できます。

※カルシア改質材:製鉄過程で発生する転炉系製鋼スラグを原料として成分管理と粒度調整したリサイクル材料です。

カルシア改質土投入後の藻場の様子

特長

1)軟弱な浚渫土の強度増深効果
浚渫土にカルシア改質材を混合することで、カルシア改質材の即時的な吸水効果と経時的な水和反応が生じるため、強度を増進することができます。
2)濁りの抑制効果
浚渫土とカルシア改質材の混合直後に、カルシア改質材の吸水作用と含まれる石灰分との反応による凝集効果により、強度(粘性)が増大します。このためカルシア改質土は、混合直後の水中投入時に、浚渫土単体よりも濁りの発生を抑制することができます。
3)海域底質の浄化効果
カルシア改質材は、リンや硫化物を吸着する性質を有しているため、赤潮や青潮の原因物質の溶出を抑制する効果があります。

実績

  • 平成20年 浅場造成工 東京都 約900m³
  • 平成21〜22年 藻場造成工 千葉県 約12,500m³
  • 平成23年 浅場造成工 千葉県 約15,200m³
  • 平成25年 浅場造成工  千葉県 約46,000m³

その他

関連論文

  • 永留健,御手洗義夫,赤司有三,中川雅夫:技術紹介「沿岸海域におけるカルシア改質土の適用例」、地盤工学会誌、2012年2月号、pp38-41.

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.