ページの先頭です。

パンくずナビ

テコの原理を応用した増幅型制震補強構法

トグル制震構法

Toggle Method

概要

トグル制震構法とは、テコの原理を応用し、より少ない力で大きな地震エネルギーを制御できます。ダンパー効率の良いシステムは、ダンパーの小型化に貢献します。また、ダンパーを外付けとした場合、建物を使用しながら短工期での施工が可能です。

増幅機構によりダンパーのコンパクト化を実現

増幅機構によりダンパーの
コンパクト化を実現

トグル制震の原理

トグル制震の原理

工事箇所を大幅削減

工事箇所を大幅削減

特長

1)テコの原理によりダンパー効率を向上
テコの原理によりオイルダンパーの性能を最大限に発揮させますので、従来の制震構法や在来ブレース構法等に比べ、補強箇所が少なく済み、経済的です。
2)オイルダンパーのメリットを発揮
オイルダンパーを使用するため、風揺れなどの微小変形から大地震まで幅広い揺れに対応します。また、大地震後も取り替える必要がなく、余震にも安全に対応できます。
3)内付け、外付けともに可能
室内に設置する内付けのほかにも、外部に鉄骨フレームを設けて設置する外付けも可能です。
4)外付けの場合、建物を使いながらの補強が可能
外付けの場合、建物内部での作業がないため、建物を使いながらの補強が可能です。
5)施工中の騒音・振動を低減し、短工期
補強箇所が少ないため短工期であり、施工中の騒音・振動の発生を低減できます。

トグル制震構法による改修事例

実績

  • 東京都板橋区 某共同住宅
工事箇所を大幅削減

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.