ページの先頭です。

パンくずナビ

受信した気象警報等をPCから自動的に作業員の腕時計型受信機に送信するシステム

リアルタイムアラート伝達システム

概要

「リアルタイムアラート伝達システム」は、気象情報配信サービス会社からメールで送られてくる最新の気象警報を即時に現場作業員の腕時計に配信するシステムです。

従来は、気象警報をマイクやスピーカーを利用して伝達しておりましたが、現場の騒音等により聞き逃す、人の手によるアナウンスなので即時性に欠けるなどの問題がありました。また、近年では、気象情報を携帯電話にメール送信するサービスがありますが、作業を行っている最中に携帯電話を取り出してメールの内容を確認するのは非常に危険であり、気象情報以外のメールも受信することからメール受信に対してなれてしまい重要な情報を取り逃がすことも考えられるため、現場作業員に周知すべき気象情報を確実に伝達するシステムが求められていました。

本システムは、腕時計型受信機を用いて、気象情報配信サービス会社から入手した地震情報、注意報、警報等の気象情報を自動で現場内の複数の人間に伝達するシステムです。
腕時計型受信機は、通常は腕時計として使用でき、メッセージを受信した際に振動で知らせるので、作業中でも簡単に確認することが出来ます。また、気象情報以外にも任意のメッセージを伝達することが可能であり、現場内の情報共有が容易になります。

リアルタイムアラート伝達システムイメージ

特長

1)気象情報サービス会社からメールで配信される気象情報を即時に現場内に配信します。
2)気象情報以外にPCから任意のメッセージを送信することも可能です。
3)腕時計型受信機は、メッセージを受信した際に振動と音で知らせるので情報を確実に伝達可能です。
4)受信者の個別設定が可能であり、特定の受信者を選択して送信、グループ送信及び一斉送信も可能です。
5)中継機を設けることにより送信エリアを拡大することが出来ます。
(中継機1台につき半径約170mのエリアをカバーします。)

実績

  • 平成25年度須崎港湾口地区防波堤築造工事
  • 撫養港海岸桑島瀬戸地区堤防改良工事(その4)
  • 国道45号 気仙沼湾横断橋松崎地区下部工工事

その他

警報情報設定画面

任意のメッセージ送信画面

技術登録

  • 新技術情報提供システム (NETIS登録番号:KT-150048-A)

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.