ページの先頭です。

パンくずナビ

軟弱地盤の変形挙動を迅速かつ適切に予測する

弾・粘塑性構成モデルの土質パラメーター決定法

 

概要

軟弱地盤上に構造物を建設する際には、長期にわたる基礎地盤の変形と沈下を予測し、対策を講じる必要があります。弾・粘塑性構成モデルによるFEM解析は粘性土の変形挙動を予測する上で有効なツールですが、その反面、解析には数多くの土質パラメータが必要となります。 このような状況を踏まえ、簡便な土質試験のみをベースにした弾・粘塑性構成モデルの解析用パラメータ決定法を考案しました。 設計や施工管理で手軽にFEM解析が利用できる環境をこれからも提供していきます。

フォーク付バケット:被覆石など比較的大きな石を掴み移動させ、均す。

フォーク付バケット

ムービーを見る

●avi形式(941k) ●QuickTime形式(1080k)

QuickTimeムービーをご覧になるためには、
QuickTimeプラグインが必要です。


特長

1)弾・粘塑性構成モデルによるFEM解析を行なうため、粘性土地盤の長期にわたる沈下・変形予測に対応できる。
2)一面せん断試験と定ひずみ速度圧密試験という簡単・短時間・低コストの土質試験をベースに解析パラメータを決定するため予測結果がスピーディーに得られる。
3)ACCESS法との組合せにより、構造物施工時の工程管理・安定性管理に活用できる。

実績

  • 海上:護岸築造・埋立工事など
  • 陸上:高速道路/幹線道路の盛土工事など

その他

関連論文

  • Deformation-pore pressure behaviours measured and analyzed for a trial embankment

    投稿先:Proc., The International Symposium on Pre-failure Deformation Characteristics of Geomaterials, Vol.1 、 pp.547-552 、 1994.09

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。

関連技術


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.