ページの先頭です。

パンくずナビ

高強度コンクリートの爆裂抑制技術

FPC工法

Fire Performance Concrete

概要

高強度コンクリートを用いた鉄筋コンクリート造部材が火災加熱を受けると、部材表層部分のコンクリートが爆裂により剥落する可能性が高くなります。
爆裂抑制あるいは防止のため、一般にはRC造部材にモルタルや鋼板巻きなどの耐火被覆を施す工法がありますが、部材の断面が増加してしまうなどのデメリットがありました。
FPC工法研究会では、融点が比較的低いポリプロピレン樹脂粉末を高強度コンクリート(60N/mm²を超え、120N/ mm²以下)に少量混入することで、鉄筋コンクリート造部材の耐火性能が向上する爆裂抑制工法を開発しました。

爆裂抑制対策なし

爆裂抑制対策なし

FPC工法による爆裂抑制対策

FPC工法による爆裂抑制対策

特長

1)ポリプロピレン樹脂粉末の少量混入により3時間の耐火性能を実現。
2)コンクリート自体に剥離・飛散を抑制する特性があり、耐火被覆が不要。
(費用は耐火被覆する場合の1/10以下)
3)通常の高強度コンクリートと同等の強度、耐久性を有する。
4)コンクリート製造時に特別な設備は不要。
5)フレッシュコンクリートの性状変化が小さい。
ポリプロピレン樹脂粉末

ポリプロピレン樹脂粉末

実績

  • 東京都四谷・LM四谷4丁目プロジェクトにて適用
    (1階柱部材 設計基準強度80N/mm²のコンクリートに使用)

その他

評価表彰

  • (財)日本建築総合試験所において建築技術性能証明「性能証明第03-15号」を取得(2004年3月2日)

関連特許

  • 特許「耐爆裂性高強度コンクリート及び耐爆裂性高強度コンクリートの製造方法」 特許第3848282号

加入団体

  • FPC工法研究会(安藤建設株式会社、株式会社淺沼組、株式会社鴻池組、株式会社錢高組、鉄建建設株式会社、東亜建設工業株式会社、株式会社長谷工コーポレーションおよび三井住友建設株式会社)

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.