ページの先頭です。

パンくずナビ

海上クレーン作業の吊荷の動揺を予測するシステム

起重機船の吊荷動揺シミュレーション

Simulation System of Loads Motions on Clane-barge.

概要

起重機船の吊荷の動揺は、「波浪によって誘起される船体動揺」と「ジブトップ(クレーンの先端)から吊り下げられたフックと吊荷の二重振り子運動」とが相互に影響し合った複雑な動きとなります。

「起重機船の吊荷動揺シミュレーション」は、船体とフック及び吊荷の運動が一体となった連成運動方程式を導き、その運動を解析するものです。本シミュレーションでは、波浪の影響を受ける起重機船の船体、フックや吊荷の動揺を定量化することが可能です。本シミュレーションを適用することで、吊荷の動揺量から作業限界波浪を推定し、海上クレーン作業の可否を判断することも可能です。また、シミュレーションでは波浪中の起重機船やフック、吊荷の運動をアニメーションで可視化し、フックや吊荷の運動の軌跡をグラフ化することができます。

起重機船の吊荷動揺シミュレーションの解析フロー

起重機船の吊荷動揺シミュレーションの解析例

起重機船の6自由度運動

特長

1)船体の動揺とフック、吊荷の動揺が相互に影響する連成運動を解析できます。
2)様々な波浪条件や起重機船の規格・形状に対応した吊荷の動揺を解析できます。
3)船体の6自由度の運動に加え、フック、吊荷の動揺を定量化できます。
4)吊荷の動揺量から作業限界となる波浪条件を推定し、作業の可否を判定できます。
5)フックや吊荷の運動をアニメーションにより可視化できます。

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.