ページの先頭です。

パンくずナビ

周辺環境との調和を目指した施工

油圧ハンマ打撃音低減装置

Noise Reduction Device

概要

油圧ハンマによる打設は、大きな打撃音が発生するため、施工時における工事現場周辺への騒音対策が課題となっています。

当社は打設時に最も大きな音を発する部位を重点的に遮音する打撃音低減装置を開発し、施工性を確保しつつ騒音の低減を可能にしました。横浜港の工事では、油圧ハンマの音源から15m離れた計測地点で、125Hz〜4000Hzの幅広い各周波数帯において最大で9dB(デシベル)、平均6dBの低減を確認しました。

【原理】放射された打撃音を低減装置内で反射させ外部への透過を抑制し、さらに装置内の多孔質材料などからなる吸音構造により、幅広い周波数帯の騒音を音エネルギーから熱エネルギーに変換し、打撃音を低減します。

特長

1)幅広い周波数帯において騒音を低減できます。
2)設置箇所を油圧ハンマ、及び杭の一部に限定することにより、施工精度を確保することができます。
3)コンパクトな構造であるため、取り付けや取り外しが容易です。
4)従来の大型防音カバーに比べ、軽量で安価です。

実績

  • 横浜港南本牧地区岸壁(-16m)(耐震)鋼管杭打込等工事(その2)
  • 横浜港臨港道路南本牧ふ頭本牧線仮設桟橋・桟台築造他工事(その2)
  • 水島港水島玉島地区臨港道路(渡河部)橋梁下部工事(その2)
  • 水島港水島玉島地区臨港道路(渡河部)橋梁下部工事(その4)
  • 水島港水島玉島地区臨港道路(渡河部)橋梁下部工事(その5)

その他

関連特許

  • 特許第5785048号

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.