ページの先頭です。

パンくずナビ

 

ACCESS法 ―軟弱地盤の調査・設計・施工管理法―

 

概要

我が国の構造物設計に用いるパラメータの決定には、標準貫入試験結果、一軸圧縮試験結果を用いることが非常に多いです。しかし地盤はローカル性が大きく、地域によりサンプリング技術にも大きな違いがあります。 東南アジア諸国や中南米での工事をも行う弊社では、地盤のローカル性に左右されず、誰にでも容易に納得のうえ使用でき、しかも調査→設計→施工管理を一貫した手法で行えるACCESS法を開発しました。ACCESS法は、確実な施工、工期の短縮、工費の縮減を実現した新しいトータル管理手法です。

ACCESS法フロー

特長

1)地盤のローカル性(地域特性)に左右されず、どんな地盤にも適用できる
2)誰にでも容易に、かつ納得のうえ使用できる
3)調査→設計→施工管理を一貫した手法で行える
コーン先端抵抗と設計用せん断強さの関係

コーン先端抵抗と設計用せん断強さの関係

コーン貫入抵抗の深度分布、およびそれを用いて推定した
非排水せん断強さと応力圧密度の深度分布

コーン貫入抵抗の深度分布、およびそれを用いて推定した
非排水せん断強さと応力圧密度の深度分布

実績

  • 関西国際空港2期空港島護岸築造工事
  • 北陸自動車道亀田I.C工事
  • セブ湾岸道路建設工事(フィリピン国)

その他

関連論文

  • ACCESS System−地盤のローカル性と地盤の地域格差の克服を目指して−
    ACCESS System to Overcome Regional Differences in Soil Locality and Technical Quality

    投稿先:第41回地盤工学シンポジウム発表論文集、pp.49-54、1996.12

  • A new construction control method for reclamation work in theKansai International Airport second phase project

    投稿先:Soft Ground Engeneering in Coastal Areas,Swets & Zeitlinger,2003

お問い合わせ

詳しくは「お問い合わせフォーム」でお問い合わせ下さい。


Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.