ページの先頭です。

パンくずナビ


水際から大水深まで対応可能な
水中施工機械をラインナップ

2016年02月25日

東亜建設工業株式会社は、平成7年に潜水作業の安全と施工能力の向上を目的として、潜水士が搭乗して操縦を行う水中バックホウを開発しました。さらに平成13年には、潜水士による作業が困難な現場での無人化施工を目的とした遠隔操縦式水中バックホウ「イエローマジック7号」も開発し、各種工事で活用してきました。

近年、海洋資源開発などの機運の高まりにより、水深数千mという過酷な水圧に対応可能な無人化施工システムが求められています。また、従来の水中バックホウでは進入不可能な極めて狭隘な環境下や、波浪や潮流の激しい海域、浅海域での施工システムも求められています。そこで当社は、大水深対応型水中作業ロボット「DEEP CRAWLER®」と、水陸両用型水中バックホウ「イエローマジック8号」の2種類の水中施工機械を各社と協同で開発しました。

当社ではこれまで培ってきた水中における施工ノウハウをもとに、様々な現場条件に対応可能な水中施工機械のラインナップにより、今後の社会インフラの維持管理や海洋開発に積極的に取り組んでまいります。

また、本年4月に完成予定の新しい研究開発施設(横浜市鶴見区安善町)には、「DEEP CRAWLER®」など各種の水中施工機械を実物大で実験可能な施工実験水槽も建設中であり、これらの施設を活用した水中施工関連の技術開発も今後進めてまいります。

図1 東亜建設工業の水中施工機械ラインナップ

本件に関するお問い合わせ先

東亜建設工業株式会社 広報室 清水
TEL:03‐6757‐3821 / FAX:03‐6757‐3830

Copyright© TOA CORPORATION ALL Rights Reserved.